スポンサーリンク

【iPhone】本体交換が必要な「6 Plus」は「6s Plus」と交換される可能性がある

2018年3月末までの期間「iPhone 6 Plus」において修理が必要な場合に「iPhone 6s Plus」と交換される可能性があるとMac Rumorsが報じている。

 

iPhone 6 PlusがiPhone 6s Plusと交換となる場合もある

Apple認定プロバイダに配布されている内部文章には、2018年3月末までの期間「iPhone 6 Plus」の修理にて本体交換が必要となった場合に「iPhone 6s Plus」と交換になる可能性があるとMac Rumorsは報じている。

Mac Rumorsが得たこの情報は、複数の情報筋から確認しているようで、「iPhone 6 Plus」の一部モデルとAppleは述べており、具体的な対象モデルや代替の理由も不明とのこと。

代替理由としては、先日発覚した古いバッテリーが搭載されたiPhoneの性能制御問題で「iPhone 6 Plus」のバッテリー不足が原因でこのような対応をとっているのではないかという見方もあるようだ。

 

AppleやApple正規サービスプロバイダで個別に交換可能となるのは以下の通り。

  • ディスプレイ
  • バッテリー
  • スピーカー
  • リアカメラ
  • Taptic Engine

しかしLightningコネクタ、ロジックボードなどに関する故障は本体交換となるようで、これらが関係している可能性もあるようだ。

 

(Via: Mac Rumors

スポンサーリンク