【iPhone 7】「圏外」の問題に対する修理プログラムを発表

スポンサーリンク

Appleは一部のiPhone 7において、モバイルデータ通信のサービスエリア内でも「圏外」と表示される不具合が生じる場合があることが判明したと発表している。これについての修理プログラムを案内しているので、iPhone 7ユーザーの方で見に覚えのある方は一度確認してほしい。

 

対象はiPhone 7のみ

Appleは、ごく一部の iPhone 7 において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、ステータスバーに (モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)「圏外」と表示される場合があることが判明した、と発表している。

この問題が確認されているのは、2016 年 9 月から 2018 年 2 月までの間に製造され、中国、香港、日本、マカオ、および米国で販売された iPhone 7となるようだ。

この修理プログラムの対象となる「iPhone 7」のモデル番号は、日本では「A1779」となる。確認する場合は、iPhone本体背面に印字されている。


この症状が見られる場合は、そのデバイスを無償で修理するとのことだが、修理開始前にAppleにて実機検査を行い、修理プログラムの適用対象かを検証することも案内している。

そして、この問題に関してすでに有償で修理している場合、Appleよりメールにて連絡があり、返金手続きとなるようだ。もしこの問題に関係があると思われる修理を有償で行ったにもかかわらず、2018年3月末までAppleよりメールで連絡がない場合はAppleに連絡して欲しいそうだ。

修理手続きなどの詳細は以下より。

スポンサーリンク