スポンサーリンク

初代Apple Watch、ディスプレイが剥がれる不具合で無償交換対応もある?

Apple Watch(第1世代)にて、ディスプレイが根本から剥がれてしまう症状が出た場合、新品に無償交換してもらえる可能性があるようだ。

 

バッテリー膨張による不具合

マレーシアのSoyaCincauによると、Apple Watch(第1世代)にて、以下の画像のように剥がれてしまう症状が出ている場合は自分で修理しようとせずに、Apple正規サービスプロバイダに相談するよう薦めている。

今回、この症状に遭遇したアレクサンダー・ウォング氏はApple製品を専門に取り扱う量販店「Machines クアラルンプール店」に持っていったところ、新品と無償交換ができたそうだ。

 

この症状はバッテリーの膨張により生じる不具合で、Appleはこの問題を認識している。通常の場合Apple Watchには1年間の保証が付いているが、この問題を受けて修理保証期間を3年に延長しているため、同氏は新品と無償交換できたというわけである。

 

10日後。新品のApple Watchが届いた。

今回は新品との無償交換となったが、新品との無償交換もしくは修理対応となるかはApple Watchの状態により左右されるようだ。現時点 の無償交換は第1世代のApple Watchに適用されるようで、Appleの正規サービスプロバイダに修理依頼をすることを強く薦めている。

 

(Via: iPhone Mania

スポンサーリンク