【次世代iPhone】噂通り2019年モデルはトリプルレンズカメラ搭載に?

スポンサーリンク

2019年に発表される「iPhone」には、トリプルレンズカメラが搭載されるとドイツ証券アナリストJialin Lu氏が予測していることが明らかとなった。

トリプルレンズカメラ搭載iPhoneについては、今年の4月頃から噂が上がってきているが、はたしてどうなるだろうか。

 

トリプルレンズカメラ搭載iPhone

今回のアナリストの予測では、2つのセンサーを使い異なる角度からひとつの被写体を認識し、iPhoneとの距離を測定することにより3Dセンシングが可能となるようだ。

その他ズーム機能の強化も加わり、初めて3倍光学ズームが可能になるかもしれないようだ。

カメラモジュールのサプライチェーンは大立光電、SONY、SHARP、LG Innotek、Alpsとなっており、大立光電は主にレンズを供給すると言われている。

 

トリプルレンズカメラで、3Dセンシングが可能ということは、背面カメラでもFace IDの利用が可能になったりするってことなの??

3Dセンシング技術を使って、他にはどんなことができるのだろうか??

気になるところだね!

2019年モデルのiPhoneには「トリプルカメラ」が搭載?

2018.05.08

2019年の新型「iPhone」シリーズのひとつには「トリプルカメラ」搭載の噂

2018.04.11

 

トリプルレンズカメラ搭載iPhoneのコンセプト画像は以下より!

【2019年版】新型「iPhone」のコンセプト画像公開 トリプルカメラ搭載モデル

2018.05.18

【iPhone】トリプルカメラ搭載モデルのコンセプトデザイン画像

2018.04.22

 

Source: 経済日報

 

スポンサーリンク