新型「iPhone」シリーズの図面が公開?本物かは不明

スポンサーリンク

新型「iPhone」シリーズのものとされる図面がForbesによって公開されている。

公開されている図面は6.1インチモデルと6.5インチモデルの図面だという。

 

新型「iPhone」シリーズの図面

2018年9月に発表されることが期待されている新型「iPhone」シリーズは、有機ELディスプレイ搭載モデルの5.8インチモデルと6.5インチモデル、液晶ディスプレイ搭載モデルの6.1インチモデルの合計3モデルがあるとされている。

今回6.1インチモデルと6.5インチモデルのものとされる図面がForbesによって公開されている。

6.1インチモデル


サイズは147.1mm×71.5mm。

ホームボタンはなく、全面ディスプレイでディスプレイ上部にはノッチが確認できる。

背面にはシングルレンズカメラの搭載も確認できる。

 

6.5インチモデル


サイズは157.2×77.1mm。

6.1インチモデルと同様、ホームボタンはなく、全面ディスプレイ。

ディスプレイ上部にはノッチが確認できる。

背面にはデュアルレンズカメラの搭載も確認できる。

※Forbesでは、この背面カメラはトリプルレンズカメラとしていたが、iPhone Xのものと同じように見えるため、個人的にはデュアルレンズカメラと考える。

 

これらの2モデルを現行モデルのiPhone XとiPhone 8Plusのサイズを比較したものが以下となる。

ディスプレイインチ筐体サイズ(縦×横)
iPhone X5.8インチ143.6×70.9
6.1インチiPhone6.1インチ147.1×71.5
6.5インチiPhone6.5インチ157.2×77.1
iPhone 8Plus5.5インチ158.4×78.1

今回公開されている各図面が本物であるかは不明となっている。

先日も新型「iPhone」シリーズのものとされる図面が公開されているが、こちらのものと若干サイズが違っている。

「新型iPhone」3モデルの一部図面とレンダリング画像が公開

2018.06.03

 

Source: Forbes

スポンサーリンク