【iPhone8】Touch IDはディスプレイに埋め込まれない?HomePodより新たなヒントが!?

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

ここ最近「HomePod」のファームウェアから「iPhone8」に関する情報が浮上してきていますが、今回もいくつか情報が浮上してきたのでご紹介します!


 

iPhone8に関する情報が続々と!

MacRumorsによると、今回も情報を公開しているのは開発者のSteven Troughton-Smith氏。

今回公開されている情報は、「ディスプレイへのTouch ID非搭載」と「スプリットステータスバー」などについて。

今まで浮上している「iPhone8」の噂のひとつに「Touch ID」の搭載場所がどこになるのか、というものがあります。

「iPhone8」では物理的ホームボタンが廃止されるというのが有力情報ですが、そうなった場合「Touch ID」はどうなるかとういもので、今まで浮上している噂では、ディスプレイ下に埋め込まれる、筐体背面に搭載される、電源ボタンに搭載される、Touch IDは廃止されるなど様々です。

しかし、「HomePod」のファームウェアからは「Touch IDのディスプレイ内蔵」 に関するコードは発見されず、このことよりTouch IDはディスプレイに内蔵されないとみられています。

可能性のひとつとして、先日同ファームウェアより顔認証システム「Face ID」に関するコードが発見されましたので、iPhone8からTouch IDが廃止されFace IDが搭載されるかもしれません。


そして、ステータスバーに関連するコード内で「スプリット(分割)」オプションに関する記述が発見されたようで、兼ねてより噂されているディスプレイ上部のカメラやセンサーを挟み込むようにステータスバーが表示される可能性が高くなっています。


その他にも「Tap to Wake」という機能に関するコードも発見されているそうで、これはiPhone8では物理的ホームボタンがなくなるということで、ホームボタンの代わりにiPhone本体をダブルタップし、スリープ状態のiPhoneのディスプレイを起動させることができるようになるものとみられています。

そして、バーチャルホームボタンは「ホームインジゲータ」という名称になるようで、特定の場面では自動的に非表示となったりするようです。


 


 

Source: MacRumors

スポンサーリンク